瑞応山 大成寺(ずいおうざん だいじょうじ)
宗派 臨済宗建仁寺派
ご本尊 聖観世音菩薩
御詠歌 日引なる ふるさと遠く聞こえこし やさかを偲ぶ今日ぞ尊し
 
創建は観応2年(1351)足利尊氏の二男・基氏の開基とされています。
御詠歌にもあるように高浜町内浦地区の日引にあり瑞泉寺といいましたが、火災により焼失しました。応永元年(1394)小浜領主・大高重成の庇護により、この地に移し再建しその時、領主の徳をたたえ「大成寺」としました。
六代目の梅岩瑞賢侍者が住持のときに諸堂が焼失しましたが、天文十八年(1550)に領主・武田元光が伎西堂を開山に招いて再興しました。
山門は八脚楼門。文政4年(1821)の建立で町の文化財指定を受けています。
現在は若狭三十三観音霊場の第三十一番札所となっています。
 


禅とは
 
どう生きるか どう死ぬかを自己に問う哲学です
 
その実践が座禅です
 
禅が実践哲学と言われるゆえです
 

如何なるか道
 
平常心是道
 

道に横径なきは 立つ者皆危うし
(横道のない大道を選んで行く者は危険である)
 
迷う恐れのない大道を行くことがなぜ危ういのか
 
その人は死ぬことになるからである


生死事大 無常迅速
 
生を明らめ死を明らむるは佛家一大事の因縁なり(修證義)
 
生きることを考えたことありますか
 
死を考えたことありますか
 
 
やがて死ぬ けしきはみえず せみの声(芭蕉)
 
真夏の蝉の生の中に、死があるから、生が充実した生となる
 
 
面壁のうしろは、いつかの花の春(東嶺和尚)
 
ダルマ大師は9年間座禅して死にきった
 
その死にきったとこに春の花が咲く
 
 
生死は一体であり生の中に死があり、死の中に生があります
 
花が散るのが無情ではなく
 
花が咲くのが無情です

春は花、夏ほととぎす
 
秋は月、冬雪さえてすずしかりけり
 
            道元禅師

 
 
 
人は自然から来て自然に帰る
 
老いるとは自然に近づくこと
 
昔中国の哲人は絶対的なものを変化と考え「命」と名づけた
 
四季の変化、死は変化
 
発生生物学では「説明する必要のない当たり前の真ん中のことで、すべての命は過去に一度も途切れたことがない」といいます
 
お釈迦さまは「この世にある あらゆる物はすべて一定の状態で存続しているものはない、すべて皆変化していく」と 諸行無常

 
 
想いを小さく
 
自分を小さく
 
自然と共に

 
 
山門は八脚楼門で、若狭湾を見る事が出来ます。
山門をくぐり境内に入ると方丈庭園があります。
境内には高浜町指定天然記念物の紅梅・マキがあります。
鐘楼の奥にはお墓があります。春には周囲にサクラが植えてありご先祖様も楽しまれています。